スポンサーリンク

amazonブラックフライデー

【Prefix編】TOEIC対策 英単語を効率よく覚えるコツ

2019年10月14日

スポンサーリンク

最近の投稿

TOEIC単語暗記のコツ前編

TOEICでハイスコアを取るためにも、英語を使いこなせるようになるにも、膨大な数の英単語を覚えなければなりません。
ただ闇雲に覚えてものもよいですが、多くの英単語にはある程度法則があることを知っておくと格段に覚えやすくなります。

英単語の成り立ち prefixとsuffix

英単語にはprefix(プリフィックス)、suffix(サフィックス)というものがあります。

例えばこれは漢字の”へん”と”部首”のようなものです。僕ら日本人が知らない漢字を見た時この二つで意味や読み方を推測できるように英語圏の人々も知らない単語の意味をこれらから推測することができます。

prefix:接頭辞、単語の最初について意味を示唆します

suffix:単語の後ろについて品詞や状態を表します。

例えば、prefixとsuffixを含む単語を分解してみます

untouchable  = un(prefix) + touch  + able(suffix) =ふれてはならない

分解するとどれも見たことある形になっているのがわかると思います。

「un」は単語を否定や逆の意味にするprefixです。「able」は名詞を形容詞に変えます。意味は英語の「able」のイメージでOKです。
※untouchableは名詞もありますが形容詞か名詞かは語順で判断しましょう

僕がこれを知った時はなんで先に教えてくれないんだ!!と嘆いたものです。ですが、英語としてprefix、suffixの働きや意味は同じだとしても日本語訳してしまうと意味に若干ズレが生じる単語があります。なので単語記憶の効率を上げるためにとりあえずざっくりと日本語で意味を知り、同じprefixやsuffixを含む単語を覚えながらprefixやsuffixの本来のニュアンスをつかんでいけば良いと思います。

TOEICにスグ効く prefixとsuffix

勉強している中でも気づいている人もいるかもしれませんが、prefixを覚えておけば単語の意味のヒントになり、suffixを覚えておけば単語自体を知らなくとも品詞はわかるのでTOEICの穴埋め問題が消去法で正解できたりします。また文章を読む時にも品詞がわかると文章の中で省略されている言葉がある場合などの推測の材料になるので知っていれば長く役に立ちます。

例えばuntouchableを覚えれば、unforgettableという単語を知らなくても

「un」がついているから否定、「able」がついているから形容詞で、真ん中に「forget(t)」「忘れる」があるから…と考えると、意味の「忘れられない」に記憶が繋がりやすいのではないでしょうか。

まずはこれから覚えてみよう prefix編

TOEICのハイスコアを目指すならどのみち何千もの単語を知っていなくてはいけないので、どうせなら最初にprefixとsuffixの含まれる単語を覚えてしまえば、次に同じprefixやsuffixを含む単語が出てきた時に覚えやすいと思います。prefixを含むTOEICや日常生活でよく見る単語を集めてみました。

prefix 意味 単語(例)
a- 否定 atypical
typical+じゃない
→非典型的
anti- 反対の antinuclear
核反対
co- 共同で
補助
colleague 同僚
copilot 副操縦士
counter- 反対、逆 counterculture
反体制文化
de- 解く defrost
霜を取る
dis- 欠如、否定、逆 disagree
意見が合わない
ex- 前の、元の ex-girlfriend
元彼女
fore- 前の、前部の forehead
額、前部
hyper- 普通以上、過度 hyperinflation
超インフレーション
in- / im- 否定 inaccurate
accurate+じゃない
→不正確な
inter – の間、相互に interpreter
解説者、通訳者
mal – 悪性、不良、不全 malfunction
機能不全、故障
mis – 誤り、悪い、不利 misunderstand
誤解する
multi 多い、多様、多数 multiple
多数の
non でない nonalcoholic
アルコールを含まない
out 離れた、外 outrage
非道
over 過度の、極端な overheat
過熱する
post ~の次の、~の後の post-election
選挙後の
pre あらかじめ、以前、前 predict
予言する
pro 先に
前もって
の代わりに
proclaim 宣言する
prohibit 妨げる
pronoun 代名詞
re 元に
再び、もう一度
改めて
return 戻す
reunion 再会する
restart 再開する
semi 半分、一部分 semiconductor
半導体
sub subway
地下鉄
super 非常に良い supermodel
スーパーモデル
trans- 移動する、超える transplant
移植する
ultra 超えた ultrasonic
超音波の
un 否定 unusual
普通じゃない
under 下の、下位の underwear
下着、肌着

きっちり日本語で覚えるというよりは単語の持つイメージとして頭に入れておくと単語を暗記するのに役立つと思います。ラテン語由来、ギリシャ語由来、フランス語由来など派生元が違うため、同じprefixでも意味の違うものがありますので注意が必要ですが、単語が頭に入るにつれてprefixの後に続く単語やsuffixで意味の予想がつくようにもなってきます。

次回はまず覚えるべきsuffixを中心に書いていきたいと思います。



Oculus Quest使い方まとめ

Oculus Goまとめバナー