スポンサーリンク

amazonブラックフライデー

【Suffix編】TOEIC対策 英単語を効率よく覚えるコツ

スポンサーリンク

最近の投稿

TOEIC単語暗記のコツ後編

TOEIC対策 英単語を効率よく覚えるコツ suffix(接尾辞)編

前回に続き、今回は単語を効率よく覚えるためにsuffix(接尾辞)に注目してみます。すべての単語にsuffixがついているわけではありませんが、知っている単語にsuffixがついていればどの品詞に変わっているかがわかるため、例えばTOEICで4択を答える際に単語の意味がわからなくてもどの品詞が入るかを答える問題のヒントになります。

ここではsuffixのついた頻出単語をまとめました。英語学習が進んでいる人は特にsuffixと意識しなくともなんとなくその役割がわかっているかもしれませんが、TOEICの攻略法の一つとも言えますので、まずはsuffixがついている頻出単語を先に覚えておくのはオススメです。以下では代表的なsuffixのついた単語を集めてみました。一応日本語訳も書いておきますが、あくまでsuffixの働きに注目して覚えるのがコツです。

単語にくっついて動詞に変えるsuffix(接尾辞)

-ify

simple(単純)名詞→ simplify(単純にする)動詞

-ize

hospital(病院)名詞 →hospitalize(入院させる)動詞

-ze

memory(記憶) 名詞→  memorize(記憶する)動詞

単語にくっついて名詞に変えるsuffix(接尾辞)

-ability

capable(能力がある)形容詞→ capability (能力) 名詞

-acy

accurate(正確な) → accuracy (正確さ)名詞

-age

leak(漏る)動詞 →leakage (漏れ)名詞

-ance

perform(演じる)動詞 →  performance(演技)名詞

-ancy

pregnant(妊娠した) 形容詞 → pregnancy(妊娠)名詞

 

-ation

motive(動機を持たせる) 動詞 →motivation(動機)名詞

-ee

train(訓練する)動詞 → trainee(訓練する人)名詞

-ence

silent(静かな)形容詞 → silence(静けさ)名詞

-ency

efficient(効率のいい)形容詞 → efficiency(効率)名詞

-ery

brave(勇敢な)形容詞 → bravery(勇敢) 名詞

-iblity

eligible(適格な) 形容詞 →  eligibility(適格)名詞

-ification

notify(通知する)動詞 → notification(通知)名詞

-ing

build(建てる)動詞 → building(建物)名詞

-ion

emote(感情を表に出す)動詞 →emotion(感情)名詞

-ist

economic(経済の)形容詞 → economist(経済学者)名詞

-ity

complex(複雑な)形容詞 → complexity(複雑さ)名詞

-ment

agree(同意する)動詞 → agreement(同意)名詞

-mption

consume(消費する)動詞 →  consumption(消費)名詞

-ness

dark(暗い)形容詞 → darkness(暗闇)名詞

-or

conduct(指揮する)→(指揮者)

-sion

explode(爆発する) 動詞 → explosion(爆発)名詞

-tion

introduce(紹介する)動詞 → introduction(紹介)名詞

-ure

close(閉める)動詞 → closure(閉鎖)名詞

単語にくっついて形容詞に変えるsuffix(接尾辞)

-able

comfort (楽にする) 動詞 → comfortable (快適な)形容詞

-ary

budget(予算)名詞 → budgetary(予算上の)形容詞

-atory

congratulate(お祝いを言う)動詞 →  congratulatory(お祝いの) 形容詞

-ed

beard(あごひげ)名詞 → bearded(あごひげを生やした)形容詞

-esque

picture (絵) 名詞→ picturesque(絵のような)形容詞

-ful

color(色)名詞 → colorful(色彩に富んだ)形容詞

-ible

sense(判断能力) 名詞 → sensible(分別のある) 形容詞

-ic

academy (学園、学院)名詞 → academic(学術的な) 形容詞

-ish

child(子供) 名詞 → childish(子供っぽい) 形容詞

-istic

character(特性)名詞 → characteristic (特質ある)  形容詞

-less

seam(つなぎ目) 名詞 → seamless(つなぎ目のない) 形容詞

-like

human(人間)名詞 → humanlike(人間的な)形容詞

-ly

time(時間)名詞 → timely(ちょうど間に合った)形容詞

-mptive

redeem(あがなう) 動詞 → redemptive(贖罪の)形容詞

-ous

fame(名声) 名詞→ famous(有名な) 形容詞

-sive

comprehend(含む) 動詞 → comprehensive(包括的な)形容詞

-some

awe(畏怖)名詞 → awesome(畏敬の念に満ちた) 形容詞

-ular

regulate(規制する)動詞 → regular(規則正しい) 形容詞

単語にくっついて名詞もしくは形容詞に変えるsuffix(接尾辞)

-al

accident (偶然) 名詞 →accidental(偶然の) 形容詞

arrive(到着する)動詞 →arrival(到着)名詞

-ant

fragrancy(魅力的でかぐわしい嗅覚的特性)名詞 → fragrant(香りのよい) 形容詞

assist(手伝う)動詞 →  assistant(助手)名詞

-ative

talk(話す) 動詞 → talkative(おしゃべりな)形容詞

preserve(保存する)動詞 →preservative(防腐材:名詞/保存力のある:形容詞)

-ent

efficiency(効率)名詞 → efficient(効率の良い) 形容詞

correspond(通信する) → correspondent(特派員)名詞

-ive

defect(欠点)名詞 → defective(欠点のある) 形容詞

elect(選ぶ)動詞 → elective(選択科目)名詞

-ory

accuse(非難する)動詞 → accusatory(非難の、非難めいた)形容詞

direct(指導する)動詞 → directory(指令書、名簿)名詞

-y

bad(悪い) 形容詞 → baddy(悪役)名詞

assemble(組み立てる) 動詞 → assembly(組み立て) 名詞

単語にくっついて動詞もしくは形容詞に変えるsuffix(接尾辞)

-ate

motive(動機)名詞 → motivate(動機を与える)動詞

fortune (幸運) 名詞 → fortunate  (幸運な) 形容詞

-en

sharp(とがった)形容詞 → sharpen(とがらせる) 動詞

wood(木)名詞 → wooden(木製の)  形容詞

TOEIC対策 英単語を効率よく覚えるコツまとめ suffix(接尾辞)編

まずTOEICの序盤の問題の正解率を上げるためにprefix、suffixは覚えておいたほうが有利です。一見たくさんあるように見えますが、例えばTOEICのために必要な何千もの単語の中には上記のようなsuffixが一つの単語にくっついて品詞を変えているパターンはかなりあります。そのためsuffixを含んでいることを先に意識しながら単語を覚えると効率良く単語に含まれる情報を記憶することができます。

例えば、actに「行動する、行為」というイメージを持っていればactive、activist、activation、actionなどを見た時に単語がactに関連する意味を含んでいること、またくっついているsuffixから品詞を絞ることや意味を推測することができるので、覚えやすくなりますし、初見の単語でも含まれる単語の意味を知っていれば意味を推測することができます。

またsuffixを作って言葉を作ってしまうこともできます。よく会話で出てくる-ishは付けると「~っぽい」という意味になって色々便利です。あの車どんな色だった?と聞かれた時に「緑のような青のような微妙な色だった」場合に、green-ishということもできますし、「あの人何歳なの?」って聞かれた時に「thirty-ish?(30歳くらい?)」なんて返すこともできます。
実際にネイティブスピーカーもsuffixを使って適当に単語を作ってしゃべったりするので、初級者は単語を覚えるコツとして、上級者はネイティブとの会話でユーモア(ボケとして?)として使うことができるので非常に便利だと思います。先にイメージだけでもつかんでおくと良いですよ。

またsuffixは単に品詞を変えるだけではなく、つけるsuffixによって意味の変化にも傾向があります。日本語で意味を書くと一貫性がないものも多くなりそうだったので今回は割愛しましたが、例えば楽器に~istを付ければ、guitarist, violinist, basistなど”その楽器を演奏する人”になる、などはわかりやすい例ですよね。suffixを意識しながら単語を覚えていくと意味変化の傾向もつかめてくると思います。

前回紹介したprefixと合わせてsuffixを含んだ単語から暗記するようにすると色々捗ると思いますので紹介してみました。よかったら参考にしてみてくださいね。

Oculus Quest使い方まとめ

Oculus Goまとめバナー