スポンサーリンク

海外向けSIMカードの選び方【日本で用意する場合】

スポンサーリンク

最近の投稿

日本で海外向けSIMカードを選ぶコツ

海外旅行などでスマホを使用した場合、SIMフリースマホを持って行って現地の空港でプリペイドのSIMカードを購入すれば安く使えますが、万が一買っても使えないなどトラブルがあると、旅行中かなり不便なので海外向けSIMカードを国内で用意しておくと安心です。ただ、いざ調べてみると日本でどの海外向けSIMカードを買えばよいか案外わかりにくかったので、今回は海外向けSIMカードの日本での選び方を調べてみました。

海外でスマホを使うにはSIMロック解除が必須

通常スマホはSIMカードが挿入してありこのSIMカードがないと電話ができません。またWi-Fiの環境のない場所でウェブサイトを見たりアプリを使うなどのデータ通信するためにもSIMカードが必要です。通常店でスマホを契約したり、機種変更をするとお店でSIMカードの出し入れをしてくれるのであまり意識したことがないかもしれません。多くのキャリアのスマホはSIMロックがかかっており、ほかのキャリアのSIMカードが使えないようになっています。

海外で日本で使っていたSIMカードのままスマホをそのまま使うと膨大な値段が請求されてしまうので、海外で気軽にスマホを使うためには、海外向けのSIMカードを使用する必要があります。このためSIMロックがかかっているスマホはロックを解除しておく必要があります。購入から100日以上経過していればSIMロックの解除はDocomo、au、SoftBankならインターネットで無料で行うことでできます(店舗でやってもらうのには手数料がかかります)。

自分が持っているスマホにSIMロックがかかっているかどうかは販売店などに問い合わせると良いでしょう。またその際自分の携帯で海外用SIMが使用できるかどうかも確認すると良いでしょう。※一部海外向けSIMカードを使用できない機種もあります。

docomo:SIMロック解除の手続き

au:SIMロック解除のお手続き

Softbank:SIMロック解除の手続き

SIMロックさえ解除すれば、現地で使用できるSIMカードをスマホが認識するようになるので、海外旅行の際などは現地のプリペイドSIMカードを買えば通信料を特に気にすることなく日本と同じ感覚でスマホを使うことができます。海外旅行の前には必ず自分のスマホがSIMフリーになっているかどうか確認しておきましょう。

海外向けSIMカード どれを買えばいいの?

スマホのSIMロックの解除されていて、海外使用が可能であることがわかれば次はSIMカードを選びます。

SIMカードには3種類あり、例えばiPhoneでも世代によって使えるSIMカードが違います。自分のスマホに対応しているSIMカードの種類も販売店についでに聞いてしまうのも手ですが、スマホの公式サイトに行けば調べることもできます。「機種名 仕様」で検索すれば大体出てきます。


また単純にSIMカードを取り出してサイズを見てみればわかります。画像の僕のスマホのSIMカードはサイズ12.3mm×8.8mmのnanoSIMという2019年現在主流のサイズです。他にも2010年発売のiPhone4で使われていた15mm×12mmサイズのmicroSIMやもっと古いものでガラケーなどに使われている25mm×15mmの標準SIMがあります。ほとんどnanoSIMだとは思いますが購入前には念のため確認しておきましょう。(とは言え、どのサイズでも対応できるよう切り取り線が入っているSIMが主流です)

simカード

音声通話が必要かどうかを考えておこう

SIMカードにはデータ通信のみ可能なものとデータ通信+音声通話ができるものがあります。現地の施設に電話する必要がなければ、データ通信のみ対応しているSIMカードを用意しておけばよいでしょう。どうしても緊急で電話が必要ならば日本で使っていたSIMカードで通話はできると思うのでわざわざ音声通話付きSIMカードを用意する必要はありません。

日本で買うなら選ぶべきSIMカード

日本でSIMカードを用意していくなら、困った時のサポートが日本語でできないと意味がありません。電話で対応してくれる会社のものを買っていったほうが安心です。

IIjmio SIMカード

14日間有効で500MBのデータ通信30分の無料通話がついて、7,600円(税抜)のSIMカードです。30分の通話は現地にかけても日本にかけてもOKです。発信、着信込で30分なので注意が必要です。データ通信、無料通話を使いきってもサイトからチャージすることができます。SIMカードの不具合の場合は国際電話でかける以外ないですが、ヘルプデスクもすぐにつながったので海外でのトラブル時にも安心です。

IIJmioのSIMカード

お問い合わせ窓口(IIJサポートセンター)
お電話でのお問い合わせ
TEL:(日本国内から)03-5205-4540 /(海外から)+81-3-5205-4540 (年中無休/日本時間9:00~19:00)

※電話窓口にてご契約内容に関する詳細なご案内をご希望の場合、契約者様のご本人様確認が必要な場合がございます。あらかじめ、ご了承ください。
※パッケージをお持ちの方は、SIMカード台紙裏面の「電話番号(MSISDN)」と「ICCID」が必要です。会員登録済みの方は、登録時にお知らせした「mioID」もご用意ください。
※海外から電話でお問い合わせされる場合は、日本の国番号(+81)をつけて発信してください。
※IIJサポートセンターへの通話料はお客様負担となります。
※本サービスを利用されて海外からお問い合わせされる場合は、「スタートパック(音声付き)」「リチャージ 音声付き100」「リチャージ 音声付き500」の音声通話時間の適用対象となります。

H.I.Sの海外向けSIMカード

1,980円で元のSIMカードを購入し、行先国と使用日数(1日あたり500円)を選択して貼り付けるSIMとセットで使います。データ通信のみのSIMカードなので電話番号はついてきません。有効期限等はないので海外へ行く機会の多い方に向いています。SIMカードを販売している店舗に電話で問い合わせることができるのも安心です。

HISの貼るだけで行先国に対応するSIMカード”変なSIMカード”

 

Amazonで買えるSIMカード

Amazonでも購入できます。旅行日程と行先国で選べばOKです。値段も現地で買うくらい安いのが魅力ですが海外で動作確認するしかないので、これらを買うなら頑張って現地の空港で買ってもいいかもしれません。

3GB使用できるデータ通信専用SIMカードでアクティベートから8日使用できます。またテザリングはできません。使用可能国:韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本

SIMカード挿入から90日有効のデータ通信専用SIMカードです。使用可能国:オーストラリア、ニュージーランド、香港、マカオ、フランス、ドイツ、スイス、イタリア、スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、オーストリア、デンマーク、アメリカ(グアム・サイパンは対象外)、インドネシア、イスラエル、チェコ、アイスランド、アイルランド、ポーランド、ハンガリー、エストニア、リトアニア、ラトビア等

 

海外向けSIMカードの選び方(日本で用意する場合)まとめ

海外でスマホを使おうと思うのであればSIMロックが解除してあるかどうかを確認するのは必須です。出発前に必ず解除しておきましょう。日本でSIMカードを用意しておけば一見安心ですが海外で実際に使ってみた時に動かないのでは話になりません。ですが、海外向けSIMカードを扱っている企業のサポートはメール対応のみ場合が多く、調べたところ電話で対応してくれるのは上記のH.I.SとIIjmioのみでした。(2019年9月3日現在)

結論としては日本で音声通話付きのSIMカードを用意したければIIjmio、データ通信のみでよければH.I.SのSIMカードを選べばサポート体制を考えても日本から持っていく意味があると思います。海外旅行に行く際には検討してみてくださいね。

Oculus Quest使い方まとめ

Oculus Goまとめバナー