スポンサーリンク

amazon在庫処分セール

【手間いらず】卵かけごはん【あるものでおいしい!】

2018年9月27日

スポンサーリンク

最近の投稿

人によってはまだまだ敬遠する人もいるものの、根強い人気を誇る朝食卵かけご飯(TKG)。
朝食を取るようになって以来15年ほど平日の朝食のほとんどを卵かけご飯でいただいているという根っからのフリークの僕が家であるものだけでできる卵かけご飯をおいしく食べる方法を紹介します。

朝ごはんとしての卵かけご飯の長所

そもそもその食感がダメという人には全くオススメできませんが、最近ではラーメン屋さんのサイドメニューとして売られていたり、居酒屋さんで注文できたりとその認知は随分広がってきたように思います。
忙しい朝でも簡単、手軽で便利、そして飽きない(味を変えれば)。これが卵かけご飯の良いところです。

【目覚めていない消化器官にやさしい】

朝は消化器官がまだ活発ではありません。そこで朝食には、消化・吸収に優れた食品を選ぶことが大切になります。
たまごは他のたんぱく質食品と比べて消化・吸収に優れており、目覚めていない胃や腸にやさしく作用します。
子供からお年寄りまで、たまごのある朝食は、安心して食べられる理想的な食事といえます。

【肥満しにくいからだを作る】

たまごでバランスの良い朝食をきちんととると、血糖値が上がりすぎず、消化にも時間がかかります。
そのために腹持ちがよく、1日の摂取エネルギーを抑えることにつながります。しかも、たまごのたんぱく質は脂肪になりにくいため、たまごそれ自体で肥満の原因になることはないので、ダイエットしている方にもオススメできます。  朝食にTKG(卵かけご飯)を食べて健康になろう!より

そもそも朝ごはんを食べている人のほうが年収が高いという統計を何かで読んで朝ごはんをまず食べようと思い立ったところから僕の毎朝卵かけご飯人生が始まりました。卵かけご飯はなぜ良いか、という部分は上記にお任せして僕が推したいのはただただ簡単で、おいしいという点です。今回はめんどくさがり屋の僕がオススメするできる限り家にあるもの、お金がかからないもの、家に常備しておけるもので作ることのできる簡単な卵かけご飯をご紹介します。

 

家にあるもので卵かけご飯

そもそも米がおいしくなくてははじまりません。そりゃもちろん魚沼産コシヒカリなんかでいただけば間違いはありませんが、産地が違えば多少安いのでスーパー等で好きな銘柄のオリジナル産地以外のものを選ぶのがコスパが良いと思います。比較的安いブレンド米なんかは僕は好みではないことが多かったです。

 

スーパーに売っているものならばどれでもよいと思います。赤玉だろうが、一番安いやつだろうがさほど大きな違いは僕にはわかりません。普段は特売になっているような安いものを買います。

実際違いがわかった卵はこれです。海老もっこりは卵黄が本当に濃厚でおいしかったです。かなり気に入ったのですがこちらは残念ながらネット販売はしていません。僕の家からも遠いのでなかなか買えませんが、近場のJAの直売所なんかに行くとおいしい卵が置いてあるかもなので一度チェックしてみると良いでしょう。

 

 

醤油のみ


単純に卵と醤油だけ。もしかするとこの組み合わせがある意味至高かもしれません。朝予約炊飯しておき、炊き立てのご飯に新鮮な卵、そして醤油。これだけで十分にうまい。
祖母に泊まりに行った時に朝ごはんで出てきた卵かけご飯が僕の卵かけご飯のルーツなので、祖母が好んで使っていたキッコーマンの醤油が個人的にはオススメですが、醤油のみの卵かけご飯を食べる際醤油選びは非常に大事です。メーカーによって醤油はかなり違うのでおいしいと思える醤油を見つけていない人はまず色々なメーカーの醤油を試してみるべきだと思います。
ちなみにキッコーマンなら最近では密封ボトルになっている上記のような生しょうゆが風味が変わらずオススメです。



たまには少し値段の高いものを選んでみるとまた新しい発見があります。やはりスーパーで普通に買えるものと比べると深みが違います。少し贅沢する気分で試してみるのも良いかもしれません。

 

ポン酢のみ

どのスーパーにも売っている味ポンのみ。そもそも贔屓にしているお店のシラス丼に生卵がかかっていて、そこのシラス丼がポン酢をかけていただくというスタイルだったことから、単純にシラスがなくてもいけるんじゃないだろうかと試してみるとやっぱり合いました。醤油のみの卵駆けご飯に飽きた時、夏場なんかには醤油だけよりもポン酢のほうが食べたくなったりします。

旭ポンズ(360mL)

 

楽天で購入

 

さらに合うポン酢を捜していて選ぶようになったのは上記のポン酢です。キリっとした酸味が食欲をそそります。この辺も好みなのでポン酢で卵かけご飯がイケる!と思った人はいろんなポン酢を試してみるのも良いと思います。

醤油+白だし

自分好みの醤油を見つけたら、白だしを数滴混ぜて食べるとまた奥深い味わいになります。ご飯、生卵、すりごまの上に醤油をかけ、この白だしを少したらしていただくスタイルが僕の定番スタイルになっています。

 

おすすめトッピング

食べる何々系

食べるオリーブオイル



辛そうで辛くない少し辛いラー油

ご飯と卵の上にこれらのトッピングをお好みでのせて、醤油。このパターンも簡単で好きです。

 

定番トッピング

すりごま、納豆、青海苔、韓国ノリ、高菜、梅干し、あたりは定番ですね。うちの近所のスーパーで売っているものとは違いますが、ジャバンノリもオススメです。

 

卵かけご飯まとめ

卵かけご飯も凝り始めると半熟にしてみたり、卵黄を醤油漬けしてみたりと色々面白い食べ方はあるようですが、僕はめんどくさいのでなかなかやってみようとは思えません。なので上記のような食べ方が定着しました。また新たな定番が生まれたら追記していこうと思います。今回の記事を書くにあたって新たな定番になりうる組み合わせをネットで探してみたのですがなかなか僕好みのものが見つからず、唯一興味が湧いたのがアボカドを入れてみるというアイディア。朝から包丁を使うのは面倒ですがこれは今度やってみようと思います。絶対おいしいはず。

あまり健康な感じではないですが、とんこつインスタントラーメンのうまかっちゃんと卵かけご飯も個人的にかなり好きなので最後に挙げておきます。それでは、良い卵かけライフを!

Oculus Quest使い方まとめ

Oculus Goまとめバナー